夏バテと症状いろいろ

夏バテと症状いろいろ

夏バテとは、夏の暑さによって、気温と湿度の差から、自律神経が乱れることを言います。

暑い夏だけではなく、梅雨など湿度が高い時期にも起こります。

湿度の高さが、身体に与える影響で食欲不振などが起こり、睡眠も寝苦しさで十分に取れなくなってくると、疲労感がでてきます。

次第に、体力も落ちて行き、日常生活に深刻な影響を与える現代人の病気です。

冷房が普及する前の時代は、温度差も今ほど大きくなかったため、発汗することで自律神経が働き、体温を一定に保つ、身体をまもるための機能が十分になされていました。

現代人は、便利な家電のおかげで、瞬時に空気を冷やしたり温めたりすることができるようになりましたが、人間の本来の機能である自律神経の働きを悪くしてしまうようになりました。

現代人にとって、自立神経の乱れをなおすことが、夏バテ解消につながることになります。

暑くなるとビールや清涼飲料水をたくさん飲みたくなりますが、内蔵を冷やすために、身体全体の冷えにつながります。

そこに、冷房の冷たさと外気の暑さの温度差は、身体に相当な負担になります。

生活習慣を改善していくことが、夏バテをなおすことにつながります。

夏バテの症状は、自律神経の乱れからくる、食欲不振や下痢、便秘、倦怠感や頭痛などがあります。

湿度の高さからくる不快感から、身体の体温調節機能や、汗腺の働きが悪くなります。

毎晩の寝苦しさで、夜もぐっすり眠れなくなってくると、身体に疲れがたまっていき、だんだんと元気がなくなります。

主な原因は運動不足や睡眠不足のような不規則な生活が続くことが自立神経の働きを悪くさせ、更に冷房と外気との温度差で汗腺の働きも悪くなることで、更に自律神経が乱れることが、夏バテの原因とされています。

また、免疫も下がりやすくなるので、夏風邪をひくなど、他の病気を引き起こすこともあります。

体調改善をしようと、栄養や睡眠をとっても、体調が回復しない場合は、我慢せず病院に行って診てもらうことも必要です。

暑い屋外にずっといるこることで、体力を使い、脱水など、深刻な症状もでてきます。

暑さ対策や冷房対策など、外気から身体をまもることが、身体をまもることにつながります。