夏バテに効くカレーや香辛料料理

夏バテに効くカレーや香辛料料理

暑い夏にカレーを食べると元気になる気がします。

カレーは、夏バテで食欲が落ちていても食べられてします。

インドの人は、カレーを日常的に食べていて、食材を変えて1年中食べていると報道されていたりします。

インドの人は、過酷な暑さから身をまもるために、スパイスの効いた熱いカレーを食べて発汗をすることで、体内の新陳代謝を促進させて、熱を外に出す方法をとっているそうです。

カレーの中には、スパイスが何種類も入っています。

スパイスは、どのような種類と機能があるのでしょうか。

カレーの色を出すターメリックは、肝臓の機能を促進してくれます。

ナツメグは身体を温めてくれたり、消化系の機能に効果があります。

唐辛子は、脂肪の燃焼をしてくれます。

多くの種類のスパイスで、食欲増進をして、体内の機能を正常な状態に戻してくれたりします。

また、カレーは、ご飯などの炭水化物、肉や大豆などのたんぱく質、野菜などのビタミンと、1皿で栄養素をまとめて取ることができる、優秀なメニューなので、夏バテ防止にはおすすめです。

唐辛子を食べると、汗をたくさんかきます。

暑い夏こそ、汗をたくさんかいて新陳代謝を活発にしようと、夏になると、夏バテ防止に唐辛子を使った料理が多く見られます。

唐辛子の刺激成分は、脳に刺激を与えるので、中枢神経に働き、唾液の促進したり、交換神経を刺激して汗をかきやすくなります。

キムチには、唐辛子がたくさん入っています。

韓国ではおつけもののように日々食べられています。

発酵成分により、整腸作用もあり、夏場に気軽に食べれるのでおすすめです。

その他にも、唐辛子を使った鍋や炒め物など数多くあります。

中国料理では、マーボ豆腐のように、唐辛子を炒め物に使用した四川料理もおすすめです。

中華料理に使用される花椒も、血流を促進させます。

メキシコ料理には、パラペーニョと呼ばれる唐辛子が使われています。

トマトなどの野菜や豚のひき肉と合わせた料理が多く、さっぱりとしながら必要な栄養素をバランスよくとれる料理が多いです。

日本には、他国の料理を気軽に食べることができるお店や調味料もスーパーで気軽に購入できるので、夏バテを乗り切るメニューを作って、自分や家族の健康を守りましょう。