夏バテ改善と予防するには

夏バテ改善と予防するには

夏バテの症状が出た場合、どのように改善していけばよいのでしょう。

まずは、十分な休養が必要なので、ぐっすり眠ることが必要です。

快適な室温が重要なので、28度程度にして、眠るとよいでしょう。

お風呂も、シャワーだけで済ませず、お風呂でゆっくりと温めることも必要です。

また、食事も重要です。

冷たいものではなく、身体の内側を温めるような、温かい飲み物や食べ物を摂ることをおすすめします。

食べ物については、たんぱく質が不足すると夏バテになりやすいので、魚や肉、豆腐などを積極的に取るとよいでしょう。

夏の暑い時期に外に出ると、大量に汗をかきます。

夏バテには、水分補給が重要なのですが、汗をかくときに塩分も排出されるので、できればスポーツ飲料など、イオンと塩分・糖分が適した割合で、入って飲み物を飲むと、体内の水分バランスが良好に保たれます。

室内では、温かいお茶、外ではスポーツ飲料や常温の水など、水分の上手な取り込みが必要になります。

夏バテになると、冷房の冷たさと外気の気温差で、自律神経の乱れが起こり、汗腺の働きも通常の働きをしなくなります。

身体の温度差を少なくするためには、室内では上着を着たり、膝かけをしたりして、身体が長時間冷えることを防ぐことが大事です。

また、常温など身体の内側を冷やさないように、冷たい飲み物は控え、水分はたくさん飲んで、発汗させた方がよいです。

正しい汗腺の働きのためには、有酸素運動をして身体の機能や代謝を上げて、本来の自立神経の働きを助けてあげるようにすると、体調も戻ってきます。

通勤中に、歩ける場所は歩いてみたり、週末にランニングを行ったり、ジムに行ってみたりと、自分の生活の中で有酸素運動をして、身体の機能を正常に保つようにするとよいでしょう。

昔から夏バテに効くと言われている、うなぎにはビタミンB1が多く含まれています。

疲労回復に効果があると言われています。

他に、豚肉や大豆にも同じビタミンが含まれます。

日々の食事に、ビタミンB1を多く含む食材を入れると、身体の内側から疲労回復されるでしょう。