食べ物で夏バテ解消しよう!

食べ物で夏バテ解消しよう!

夏バテの効く食べ物というと、うなぎやカレー、香辛料などが思いつきます。

昔の時代から夏に食べられている、うなぎにはビタミンB1が多く含まれています。

炭水化物や脂肪を消化したり、乳酸と呼ばれる疲れのもとを代謝する力が強いため、疲労回復効果が高い栄養素です。

うなぎ以外にも大豆や豚肉など、ビタミンB1が多く含まれるたんぱく質を、毎日のメニューに取り入れると疲労感が変わっていきます。

また、食欲増進のために、カレーなどのスパイスや唐辛子などの香辛料も、食事の時にとると、美味しく食事を摂ることができます。

たんぱく質だけでなく、野菜の取り方も重要です。

夏野菜には、カリウムや抗酸化作用が高いものが多いので、積極的に摂るとよいでしょう。

きゅうりには、カリウム。

トマトは抗酸化を助け、ピーマンには皮膚のコラーゲンを合成やメラニンの沈着を防ぐなど、優秀な野菜が多くいます。

野菜を料理でとり入れる際には、夏野菜を積極的に取り入れ、たんぱく質、炭水化物を合わせることで、理想的な夏バテ対策ができます。

実際の食事で、夏バテ対策のメニューを考えてみましょう。

まずは、ビタミンB1が豊富なたんぱく質である豚や大豆、食欲増進の香辛料である唐辛子を使用するのが手軽にできる方法です。

主食とおかずと毎日別々に考えるのが大変な人は、カレーなど、1皿でバランスよく栄養素が入っているメニューを作ったみたり、キムチやタコスなど海外のメニューを取り入れて、唐辛子料理を作ってみるのもよいでしょう。

日本で人気の、具入りラー油は、炒め物に加えたり、豆腐にかけたり、チャーハンに使用したり、バリエーションがたくさんあり、手軽に使用することができます。

野菜とたんぱく質と合わせる時の調味料としておすすめです。

夏野菜は、夏に失われがちな栄養を高く含んでいるため、ピーマンやゴーヤなど、豚肉や豆腐と炒めることで、更に効果が倍増します。

また、生で食べると、ミネラルもそのまま身体に取り入れられるため、夏野菜のサラダもよいでしょう。

ささみや豆腐などのたんぱく質を加えると、栄養価も高くなり、これに焼いたパンとオリーブ油を加えると、夏野菜の抗酸化を更に高めることもできて、夏バテ防止メニューにおすすめです。